スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスランダム 上

caution caution ネタバレ注意


今月発売のココロコネクトの新刊、アスランダム上読み終わりました~

今巻は前もって知らされていた通りに最終章。
てなことでいつも通りに、いやさいつも以上に大分シリアスなお話でした。
個人的にヨチランダムでも結構きつかったものですが、今回はもうキャパシティオーバーですよ。
自分は結構欝耐性があると思っていたんですがね~。甘かった。
上下巻構成ということでストーリーの進み具合は起、承と来て転に転ずるかというところでラスト。
続きが気になる所で終わって憎いぜ、チクショー。

話の方はサクッとネタバレすると
2年陸上部の5人の中で起こる『人格入れ替わり』
1年生の中で起こる『欲望解放』
現れる<二番目>と<三番目>達
消えかかる文研部員達の記憶
そして学校には誰もいなくなった


と言った感じ。
今までは文研部という学校の中でも限られた小さな範囲にしか起きなかった現象が学校全体に広がり、
また学外の周囲にも影響を及ぼし始めてと現象の規模もお話も大きくなってきました。
そして現象の対象も文研部では無く、文研部以外の学内の人間と大きく変わって過去に起こった現象
でも全く新しく感じられて面白いです。


下巻の発売は2013年春とのこと。
今巻はアニメ放送中ということでか例外的にいつもよりも刊行ペースが早かったですが、
次巻はいつも通りのペースに戻ると考えると来年の2月くらいかな? 3月30日発売予定とのこと。
兎にも角にも次巻も楽しみです。


ゲーマーズ特典の出張版の方は本編が過剰にシリアスだからか、ほのぼのとしていて明るく、本編を
読んで暗くなった心への清涼剤…とまでは言わないまでも幾分癒されました~
お話の方は太一の妹が太一以外の文研部の6人と一対一で話して個人的評価を付けるというもの。
正直、幾ら家族と言えども自分の友人に対して勝手に評価を付けられるというのは読んでいてもいい気持ちが
しませんがそこはココロコらしいキャラ同士の軽快でコミカルな会話でカバー。
きちんと表紙も装丁されていますし、ページ数も約50P程と特典としては決して少なくない量で通常価格に
+20円の特典としては良く出来ていて大分楽しませて貰いました。
(何気に稲葉んと莉奈の仲があまり良くない事に驚いたっす。)


てかあれ、更生した瀬戸内さんめっちゃ可愛くないっすか!?

コメントの投稿

非公開コメント

No title

阿東さんもけっこうラノベとか読まれるみたいですね~。
ココロコネクトは読んでませんが、絵がけいおんっぽかったので印象には残ってました。

や、最近、時間が無くてラノベも積んでるんですよね、自分……。
積みプラのほかに積み本まで……。楽しみが後に残ってるっていうのはいいんですけどね、自分としては。

No title

>七誌さん
ココロコの挿絵を描いている方は確かアニメ版けいおんの作画監督さんだった気が。
なので絵の雰囲気もけいおんに似ていますよね~

自分もプラモやフィギュアに関しては開封作業にあまり時間を割けず、積みがちになっちゃいますね。
ただ、本についてはどうしても我慢出来ずに買った日の内に読みきっちゃいます。
おかげでラノベの発売日の次の日は寝不足で辛いですがw
最近のレビュー
プロフィール

阿東

Author:阿東
■当ブログについて
■レビュー置き場
■管理人のついったー
<応援中>
 ステージなな
 TRUE REMEMBRANCE
 ユーマを抱きしめて

FC2カウンター
カテゴリ
リンク
相互リンクサイト様(敬称略)
購入予定
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。