スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

METAL BUILD ガンダムエクシア トランザムVer.

METAL BUILD エクシア トランザムVer00

TAMASHII NATION 2013 METAL BUILD  GUNDAM EXIA TRANS-AM Ver.

 魂nation2013 開催記念商品
メーカー:バンダイ
登場作品:ガンダムOO 1st season
販売期間:2013年11月1日~201311月3日
販売場所:秋葉原UDX 2F 魂nation2013 物販ブース
  定価:18000円




METAL BUILD エクシア トランザムVer01
METAL BUILD エクシア トランザムVer02 METAL BUILD エクシア トランザムVer03
METAL BUILD エクシア トランザムVer04
輸送箱&パッケージ&ブリスター。
今までのイベント販売品は会場で購入するとパッケージそのままで渡されていましたが今回はパッケージ保護の為か
プレバン品と同じ様なダンボールでさらに梱包されていました。正直毎回会場から帰る際に何処かしらにぶつけて
箱を痛めていたのでこれはうれしい配慮です。
ブリスターの方はR3用の換装パーツが無くなった為にパーツ間のゆとりが出来たのが何だか物寂しいですね。

■クリック拡大 ■クリック拡大
劇中終盤にてにて用いられたトランザムシステムによる赤く発光した状態をMETAL BUILD ガンダムエクシアを
ベースに特殊コーティングを施して再現されました。
色調は先に発売されたMBトランザムライザーと変わっておらず、光の当て方・見る角度によって赤にもピンクにも、
紫にも、果ては緑色が掛って見えるのは美しいという他なく、同じトランザムを再現した物の中でも他とは一線を
画しています。
マーキング類もデザインは変わらずに色味だけトランザムに合わせて変化しています。


METAL BUILD エクシア トランザムVer08 METAL BUILD エクシア トランザムVer09
付属品。
先にも述べましたがR3用の換装パーツは無く、エクシアに必要な物のみの付属品と通常版と比べると少なめ。
台座のプリントは名称にTRANS-AMが加わっただけで無くマーキングデザインも変化。
7の意匠はそのままに後ろから見るとトランザムを意識してかTの文字が見えてくるのが面白いです。

METAL BUILD エクシア トランザムVer10 METAL BUILD エクシア トランザムVer11
頭部。
額のセンサー部分はグリーンから深みのあるワインレッドへ。
頭頂部に露出するGNケーブルは後述する他のケーブルとは色味が異なり、こちらは青味が強いです。

METAL BUILD エクシア トランザムVer12 METAL BUILD エクシア トランザムVer13
胸部のコンデンサー部分は緑色から赤紫に。レンズ内部のマーキングデザインは変化なし。
通常版に多数見受けられた腰付近の傾きについては自分の物はありませんでしたが全てがそうなのかは不明。

METAL BUILD エクシア トランザムVer14 METAL BUILD エクシア トランザムVer15 METAL BUILD エクシア トランザムVer16 METAL BUILD エクシア トランザムVer17
GN粒子の噴出孔らしきクリアパーツ部分は通常版よりもグリーンの色味が濃くなってより鮮やかに。
また、通常版と構造の変更は無いのでGNドライブは取り外しが可能。
ドライブカバーも付属されているので整備状態の再現も可。
トランザム状態でドライブを外すこと何てありませんが。

METAL BUILD エクシア トランザムVer18 METAL BUILD エクシア トランザムVer19
METAL BUILD エクシア トランザムVer20
肩の露出するケーブルも青紫から桃色に変化。
GNサブマシンガン発射口付近の塗装が薄くて他の部位とのメリハリがありませんね。
コンデンサー部分は胸部ほど色味が濃くなく内部が透けて見えます。


METAL BUILD エクシア トランザムVer21
手首の種類は通常版から変わらず握り手のほかに4つ付属。
同じくトランザムに合わせて色味が赤っぽく変化しています。

METAL BUILD エクシア トランザムVer22 METAL BUILD エクシア トランザムVer23
フロントアーマー&リアアーマー。
上半身と違い大半が白い装甲で占める下半身。暗がりでは通常版と似た様な色味をしている様に見えるかも
しれませんが光が当たると赤みを帯びてきちんと差異が見られます。

METAL BUILD エクシア トランザムVer24 METAL BUILD エクシア トランザムVer25
METAL BUILD エクシア トランザムVer26 METAL BUILD エクシア トランザムVer27
METAL BUILD エクシア トランザムVer28 METAL BUILD エクシア トランザムVer29
脚部。
大腿部、脛のケーブルは色味が肩のものよりも更に薄めに。
パッとした変化は見受けられませんが光の具合によって白から赤、それに薄緑色に変化する具合が
トランザムのみならずGN粒子の光までもを再現している様に見えて感動。

METAL BUILD エクシア トランザムVer30
GNソード。切っ先部分の赤みが他よりも濃く、色鮮やかでメリハリが付いていてこれまた綺麗。
個人的にこのトランザムカラーで一番美しいと思う部位ですね。

METAL BUILD エクシア トランザムVer31
トランザム時には全くと言っていい程に活躍がなかったGNシールド。
本体に合わせた彩色が為されています。

METAL BUILD エクシア トランザムVer32 METAL BUILD エクシア トランザムVer33
GNロングブレイド&ショートブレイド。
腰の差し替えアタッチメントと一緒にトランザムカラーに。

METAL BUILD エクシア トランザムVer34 METAL BUILD エクシア トランザムVer35
GNビームサーベル&ビームダガー。心なしか根元付近のグラデーションがより鮮明になった気が。

METAL BUILD エクシア トランザムVer36
可動範囲は通常版から変わりなく。相変わらずよく動きますね。

METAL BUILD エクシア トランザムVer37
台座との接続パーツもトランザム仕様になっているのが何だか微笑ましいかな。

METAL BUILD エクシア トランザムVer38
換装パーツは付属されていませんが通常版の名残で一部装甲の取り外しが可能。
装甲を外すと露出するダイキャストフレームは光を受けて薄赤く輝いており、トランザムに合わせた表面処理の
見事な具合がよく判ります。

METAL BUILD エクシア トランザムVer39
通常のエクシアと並べて。当たり前ですが並べると色味の違いがよく判ります。

METAL BUILD エクシア トランザムVer40
他のトランザムを再現した物と。右からロボ魂トランザムクリア、HGグロスインジェクション、そしてMBトランザム。
同じトランザムでもブランドによって再現の仕方がまったく異なりますね。
それにしてもロボ魂エクシアは何時見ても悲惨な出来で。

METAL BUILD エクシア トランザムVer41

METAL BUILD エクシア トランザムVer42
終盤での登場だった為にエクシアのトランザムでの戦闘はサーシェス戦とアレハンドロ戦のみでしたね。
それでも鮮烈に記憶に残っているほどトランザム発動時の演出は素晴らしく、また恰好良かったです。

METAL BUILD エクシア トランザムVer43
まだ少しでも出番があるだけよかったライフルモード。シールド何て23話の高速移動時だけでしたからね>出番

METAL BUILD エクシア トランザムVer44

METAL BUILD エクシア トランザムVer45
ソレスタルビーイングの為ではなく、君たちの意思で… ガンダムと共に…。

METAL BUILD エクシア トランザムVer46

METAL BUILD エクシア トランザムVer47
初登場のシーンが強烈だっただけにエクシアのトランザム=ビームサーベル二刀流ってイメージが拭えませんよねー。

METAL BUILD エクシア トランザムVer48

METAL BUILD エクシア トランザムVer49

METAL BUILD エクシア トランザムVer50
安心してガシガシ動かせるのがメタルビルドの素晴らしい点の一つですよね。

METAL BUILD エクシア トランザムVer51

METAL BUILD エクシア トランザムVer52
オレが! オレたちが!! ガンダムだ!!!

METAL BUILD エクシア トランザムVer53
MBトランザムライザーと。トランザムライザーが出たときにはまさかエクシアのトランザムVer.まで出るとは
夢にも思っていなかったのでもう感無量。

METAL BUILD エクシア トランザムVer54
このGNソードの美しさ…!!

METAL BUILD エクシア トランザムVer55
TRANS-AMシステム…。 これが… トランザム!

以上MTEAL BUILD ガンダムエクシア トランザムVer.でした。

ガンプラやロボ魂等既にトランザムを再現したものはいくつもありますがその中でもこのMETAL BUILDの
トランザムカラーは光の反射による輝き、色調の変化も相まって色合いが非常に美しく、もはやこれが
立体物におけるトランザム表現の極地ではないかと思えるほど。
可動モデルであるにも拘らずこのトランザムVer.の美しさは造詣とそれに伴う美しさに重きを置いた
スケールフィギュアとも遜色無く、それどころかそれ以上と言っても過言ではない様に思います。

換装パーツ無しで価格がトランザムライザーと大差無いことには未だに納得がいきませんが、上記の様に
クオリティは凄まじく、エクシアが好きな方、もしくはトランザムが好きな方には予算に折り合いが付けば
是非手に取って頂きたい一品です。
ちょうど販売方法も抽選から受注に切り替わったことですしね…


  

コメントの投稿

非公開コメント

最近のレビュー
プロフィール

Author:阿東
■当ブログについて
■レビュー置き場
■管理人のついったー
<応援中>
 ステージなな
 TRUE REMEMBRANCE
 ユーマを抱きしめて

FC2カウンター
カテゴリ
リンク
相互リンクサイト様(敬称略)
購入予定
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。