スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メカニックコレクション ヴァルヴレイヴⅠ 火人 フルインパクト

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト00

1/144 MECHANIC COLLECTION VALVRAVE Ⅰ HITO FULL IMPACT MODE

 メーカー:バンダイ
 登場作品:革命機ヴァルヴレイヴ
初回発売日:2013年12月7日
   定価:3990円



メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト01
パッケージ。
MGやHG GNアームズと同じくらいの大きさがありメカニックコレクションシリーズの中では最大級の大きさ。

■画像クリック拡大 ■画像クリック拡大
メカニックコレクション・ヴァルヴレイヴシリーズ7弾目は主人公・時縞ハルトが搭乗するヴァルヴレイヴⅠに支援機
インパクトブースター4機と追加装備アーダーグリップを装着した武装フル装備状態のフルインパクト形態。
いわゆる”全部乗せ”な状態である為見ての通り1/144にも係わらずボリュームは凄まじく、飾る(立たせる)には
台座が必須。
パケ絵では色鮮やかなインパクトブースターは新規造形ではありますが色分けは皆無の黒一色。
色分け再現のシールも無く、目玉武装の筈なのにこの手抜きっぷりには唖然とせずにはいられません。

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト04
色分けをシールに頼ることが多い本シリーズですが当キットに付属の物は80番までと我が目を疑うほどに
大量に存在しますがしかしそれでも全てをカバー出来る訳ではなく、先に述べた通りインパクトブースターに
貼り付ける物はなく、新規パーツに貼り付けるシールはあまり目立たないところばかり。

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト38
付属品。
基本装備の武器やエフェクトに加えてインパクトブースターなどの新規の物も合わせるとこの通り大量。
更には素の火人にするためのパーツもありますので保管が大変なことこの上無しです。

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト05
背部のアーダーグリップが大きいため重量に負けて腰は常時仰け反りがち。
1弾目の火人には1セットしか付属しなかったジーエッジも今回はきちんと2セット付属します。

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト06
当キットの目玉兼新規造形の装備①:アーダーグリップ。
アーダーグリップを取り付けた際の首の可動域確保の為に襟と背部の赤いパーツが新規の物に変更されています。
重量軽減の為か基本的に裏側は空洞(肉抜き)になっていますがそれでも腰はその重量に耐えられません。
メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト08 メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト07
フィンは基本的には一体成形になっており中央部分で纏めて中折れ、サイドグリップは基部と左右各2枚の羽が
独立して上下に可動します。
サイドグリップの基部はBJ接続になっていますがポリキャップレスになっていますので後々緩くなってきそうです。

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト09 メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト10
当キットの目玉兼新規造形の装備②:インパクトブースター(腕部用)。
潔いとでも言うべきか見事なまでに真っ黒な上に裏側は殆どが肉抜き構造。
装着形態固定でヤタガラス形態への変形は不可能になっており、冷却フィンも劇中の様な単体での取り外しは不可。
取り付ける際は一旦手首を外し、輪っかを通して再度手首を取り付け、インパクトブースターを輪っかに取り付けます。
この様に手首が輪っかのストッパーになってくれるので簡単に外れることはありません。
メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト11 メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト12
4指は一体成形になっており根元で上下に可動、親指は左右に回転可能。
加えてエキゾースト・ヒート時の拳の伸縮ギミックに、4指を差し替えて握り拳にも出来るので劇中での状態は
基本的に再現出来ます。

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト13
当キットの目玉(?)兼新規造形の装備③:排熱カートリッジホルダー。
メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト14
サイドアーマーへの取り付け基部のカバーが外れ易くとてもストレスフル。
3枚で1セットになっており、BJで繋がっているので微妙にですが角度も付けられます。

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト15 メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト16
当キットの目玉兼新規造形の装備④:インパクトブースター(脚部用)。
腕部と同じように黒一色で裏側は肉抜き穴が多数です。
足はインパクトブースター専用に新規の物になっており足首を基点に上下に可動、インパクトブースターは
クリアパーツを外した状態の踵に取り付けます。
メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト17
羽と頭部が上下に可動。腕部に比べるとギミックは寂しいものがあります。

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト39
同スケールのパイロットフィギュア。
既存の咲森学園の制服の物に加え新たに地球降下作戦時の制服の物も付属します。

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト40
フルインパクト用の台座。基部の角度を三段階に調整可能。

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト41
全体の可動に関しては大よそこんな感じ。
何分インパクトブースターが巨大な為、腕がインパクトブースターの重さに耐え切れずに垂れ下がったり、
足が台座や逆の足に干渉して動かし辛いなど素の状態に比べると可動範囲は大分狭まってしまいます。
その上腰はアーダーグリップの重さに負けて常時仰け反り、腰のジー・エッジも背部のシンセシズナーヴに
干渉したり、ポロポロ外れたりしますのでフルインパクト状態での大振りなポージングは大変難しいです。


メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト18

インパクト・ブースター ドッキングシークエンス 起動!!


メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト19

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト20

排熱 終了!!


メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト21
敵に熱を帯びた拳を叩き付ける技は「エキゾースト・ヒート」と言うそうで。
キットではエキゾースト・ヒートを放った後に行われる冷却フィンの切り離しは出来ません。

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト22
他のヴァルヴレイヴのプラモは持っていないので断言は出来ませんが基本ヴヴヴは共通素体なので
腕も同じ形状ですし劇中の様に5号機他にもインパクトブースターを取り付けられると思います。

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト23
色分けもさることながら下から見ると肉抜き穴の多さにも辟易しますね。重量軽減の為かもしれませんが
もう少し何とかならなかったのかと。

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト24
硬質残光エフェクトも取り付け可能。

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト25
稼働時間が通常の2.4倍に増える背部の追加装備:アーダー・グリップ。
もう既にサイドグリップの基部が緩くなってプラプラし始めてきています。迷惑な。

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト26

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト27
インパクトブースター装備状態でもヴルトガなどの既存の武器も持つことが可能。
ただし、ただでさえ大きくて素の状態でも持たせに難かったヴルトガはインパクトブースターと干渉してより
扱い辛くなってしまっています。正直これでポージングとか無理。

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト28
フルインパクト形態。残り二話となっても未だに登場していませんが果たしてまともな活躍はあるのでしょうか?

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト29
やはり黒一色だと折角の大型武装も味気ないですね。プラで色分けとまでは言いませんがせめて指だけでも
金色のシールを付けるなりして欲しかった。

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト30
肩が重さに耐えかねて垂れ下がるわ、少し動かすと腰のジー・エッジやカートリッジホルダーの基部のカバーが
ポロポロ外れるわでストレス溜まります。

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト31

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト32

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト33
21話で何の前触れもなくいきなり出てきた右肩の追加武装:バズ・バスターは当キットに付属せず。
結構活躍していましたし、もうヴヴヴのプラモも出そうにないのでどうせなら付属させて欲しかった。

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト34

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト35
もうアニメの方はどう収拾を付けて終わるのかを知るためだけに観ている状態ですね。
200年後とかもありますしいやほんと後2話で収拾が付くのかアレ…。

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト36

メカコレ ヴァルヴレイヴⅠ フルインパクト37
以上 メカニックコレクション ヴァルヴレイヴⅠ 火人 フルインパクトでした。

メカコレvvv第一弾+フルインパクト用の装備という構成なので第一弾に付属の物はこちらにも全て付属しており
第一弾を持っていない人にとっては素の状態とフルインパクト状態の両方を楽しめる良い構成。
しかし既に第一弾を持っている人にとっては値が張る上に火人が一体余るので手を出し難く、その点で
新規で集める方と継続してvvvシリーズを集めている方とで大きく評価が分かれてくると思います。

また目玉の新規パーツであるインパクトブースターですがこちらは劇中の色とは掛け離れた黒一色な上に
裏側は目立つ肉抜き穴多数と外観も褒められた物では無くもはや手抜きとも言える惨状。
シールの一つでもあれば多少は印象が変わるでしょうがそれも無く、私の様な素組派にはこれは辛い。

可動についてもデザインの都合上仕方の無いことですが大型装備ゆえに各部に干渉して動かし辛い上、
ポロポロと動かす度にすぐに外れる部位もあって弄っていて少なからずストレスが溜まります。

全体的な感想としては細部までシャープに成形されており造形面は問題なく格好良く思える出来になっていますが、
それを上回る程に新規パーツの色分けの粗雑さ、フルインパクト時の動かし辛さが目立っておりMGクラスの
高価格なプラモデルなことも考えると到底価格に見合った出来では無いと思えます。
特に塗装の出来ない素組み派にはこの色分けのされてなさはあまりにも酷く、購入しても後悔すること請け合いです。
最近のガンプラの様な細かい色分けがされているプラモだと思って購入すると痛い目を見ますのでご注意を。



  

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おお! こりゃあすごいですね! いろんな意味で(笑)
見た目の派手さとかっこよさはかなり来るものがありますが、さぼりっぷりもすごいですw 
ただ、やっぱりかっこいいんでロボ魂みたいに彩色済みのおもちゃなら欲しくなりそうですね。……値段は高そうですが^^;

ってか、ヴァルヴレイヴってあと二話で終わりなんですね……。ラスボスっぽい機体も出て来てませんし、たしかに収拾付くんですかね?

No title

>七誌さん
まさか主役機の最終形態でこんなことになるとは…
ここまで手を抜かれるともはや憤りよりも乾いた笑いしか出てきませんね(苦笑
何年経っても相変わらずメカコレは詰めが甘いままなのでもうそろそろこのシリーズに
期待するのは止めましょうかね...

アニメの方はもう後2話じゃどうにもならないと思うので”最終回後は劇場で”か
ギアスみたくもう2話追加で後日放送になるんじゃないかと思っているのですが果たして・・・
完成品はアニメの出来がアレなんで出なそうですね。地味に欲しいとは思っているのですが。
最近のレビュー
プロフィール

阿東

Author:阿東
■当ブログについて
■レビュー置き場
■管理人のついったー
<応援中>
 ステージなな
 TRUE REMEMBRANCE
 ユーマを抱きしめて

FC2カウンター
カテゴリ
リンク
相互リンクサイト様(敬称略)
購入予定
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。