スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGBF スタービルドストライクガンダム プラフスキーウイング

HGBF スタービルドストライク00

1/144 HG BUILD FIGHTERS STAR BUILD STRIKE GUNDAM PLAVSKY WING

 メーカー:バンダイ
 登場作品:ガンダムビルドファイターズ
初回発売日:2014年1月18日
   定価:1680円



HGBF スタービルドストライク01
パッケージ。
追加装備となるユニバースブースターはHGBCより単品の物も出ていますがこちらはビルドストライクと
ユニバースブースター、それにプラフスキーウイング(青い翼)がセットになったもの。

画像クリック拡大 画像クリック拡大
ビルドファイターズの主人公イオリ・セイとレイジが世界大会より操る新型の機体・スタービルドストライクガンダム。
ビルドストライクからの変更点は脹脛、武装、背部のブースターなどで本体側の変更部分は殆ど無し。
バックパックは翼が無くなったことによって小型化。合わせてスタービルドストライクもスマートなシルエットになっています。
主にユニバースブースターに見られるピンク色の発光箇所はビームサーベル刃と同じ軟質樹脂製。


HGBF スタービルドストライク04
スタービルドストライクに付属の色分けシール。27番までと最近のプラモにしては貼る箇所が多くありますが
それでもライフルなど補いきれていない箇所も多いです。

HGBF スタービルドストライク05 HGBF スタービルドストライク06 HGBF スタービルドストライク07
前述の通りビルドストライクからの本体側の変更点はこの脹脛の部分のみ。
肥大化して粒子噴出口の様なものが増設されています。

HGBF スタービルドストライク08
ビルドストライクからの大きな変更点である支援機兼バックパックのユニバースブースター。
ビルドブースターにあった翼は無くなり小型化、色も青から白主体へ変更となっていて受ける印象がガラッと
変わって主張が強い派手な感じから一転してシンプルな感じに。

HGBF スタービルドストライク09 HGBF スタービルドストライク10
ビームキャノンの接続部分はクランク式の両基部ボールジョイント接続によってフレキシブルに可動。
と同時に軸が浅いのもあって外れ易くもあります。一応凹凸によるロックは掛かりますが凸部分がポリキャップな為、
無理な力を加えると形状が変わるかもしくは千切れてしまう恐れがあるので位置を変える際には慎重な操作が必要。

HGBF スタービルドストライク11
バックパック状態。
差し替え無しに機首がクルッと回転して変形。

HGBF スタービルドストライク12
ブースター側から伸びるアームは基部がスライドすることによって微妙な位置調整が出来、きちんとボディに
密着します。

HGBF スタービルドストライク13 HGBF スタービルドストライク14
ユニバースブースター(ブースター形態)。
発光部分を除くとプラによる色分けは関節部分がグレー、その他全体の殆どが白一色の2色に留まって物寂しい感じに。
下側中央部にはジョイント穴が設けられているのでスタンドを用いてブースター単体で飾ることも勿論可能。

HGBF スタービルドストライク15 HGBF スタービルドストライク16 HGBF スタービルドストライク17
正面や上面から見ると分割線が目立ち気味なのが残念ですがこのサイズですから仕方がありませんね。
ピンク色のパーツは極端に外れ易い訳ではありませんがそれでもいつの間にか外れていることも間々あるので
度々きちんと付いているか気を配る必要はあるかと。

HGBF スタービルドストライク18 HGBF スタービルドストライク19
スタービームキャノン。砲身はスライドして展開。
前述の通りBJ接続のクランク式なのでウネウネ動いて取り回し易いです。
設定上は砲身の色が黒色になっていますがキットではシール等もなく白単色。
塗装だとスライドさせた際に塗膜が剥げそうなのでここだけでもプラで色分けして欲しかった所なのですが…

HGBF スタービルドストライク20 HGBF スタービルドストライク21 HGBF スタービルドストライク22
スタービームライフル。上部バレル部分の位置を替えることによって劇中通りの3形態を再現可能。
ただしこちらも色分け皆無のグレー一色になっています。
逆側にジョイント穴あり。

HGBF スタービルドストライク23 HGBF スタービルドストライク24 HGBF スタービルドストライク25
アブソーブシールド。
差し替えによってビーム吸収時の装甲の展開状態を再現することが出来ます。
また下部のアームは展開してスタービームライフルに接続することが出来、粒子供給状態を再現することも可能。

HGBF スタービルドストライク26 HGBF スタービルドストライク27
可動範囲については本体の変更点が脹脛だけなので全く変わらず。
ただ首周りがユニバースブースターから伸びるアームに干渉して少し動かし辛い様な感じも受けます。

HGBF スタービルドストライク28
本キットの目玉とも言えるプラフスキーウイング一式。3種類計6枚付属。

HGBF スタービルドストライク29 HGBF スタービルドストライク30
取り付けた状態。各所のピンク色の発光部分を取り外してその箇所にウイングを取りつけます。

HGBF スタービルドストライク31
一番大きな羽は2枚構成で基部は乳白色のポリキャップを用いたBJ接続になっており表情付けが可能。
と共に、接続軸がなるたけ目立たない様にもなっています。
根元付近の接続軸はC型になっているので立体的な角度付けが出来ますがその分外れ易い様な気もします。

HGBF スタービルドストライク32
ウイングは付属のジョイントパーツを介せば脚部などにも取り付けが可能になっています。

HGBF スタービルドストライク33
付属のスタンド。

HGBF スタービルドストライク34
足の切り欠き部分にはスタービルドストライクから取り外したピンク色の発光パーツを嵌めておくことが出来ます。

HGBF スタービルドストライク35

HGBF スタービルドストライク36

HGBF スタービルドストライク37

HGBF スタービルドストライク38

HGBF スタービルドストライク39

HGBF スタービルドストライク40

HGBF スタービルドストライク41

HGBF スタービルドストライク42

HGBF スタービルドストライク43

HGBF スタービルドストライク44

HGBF スタービルドストライク45

HGBF スタービルドストライク46

HGBF スタービルドストライク47

HGBF スタービルドストライク48

HGBF スタービルドストライク49

HGBF スタービルドストライク50

HGBF スタービルドストライク51

HGBF スタービルドストライク52

HGBF スタービルドストライク53

HGBF スタービルドストライク54

HGBF スタービルドストライク55
以上HGBF スタービルドストライクガンダム プラフスキーウイングでした。

ビルドストライクからの変更点としては主にブースターと武装類に留まり外見に大きな真新しさは無い物の
今時のガンプラの広い可動域に、詰め込まれた多くのギミックによって劇中さながらのポーズをバリバリ
取らせることが出来るのがいいですね。
特にウイングのエフェクトがド派手でハッタリが効き、ポージングの躍動感の一助にもなっていて使い勝手も
ビジュアルも良く、またこういう様なエフェクトが付くこと自体も最近のHG系では殆ど無かったので新鮮で
面白かったです。
逆に残念だった点は色分けの甘さ。アニメの方がプラモ製作にも主眼を置いているのでアニメの様に自分で塗装して
貰う為のこの色分けの甘さと考えられなくも無いんですが何処にも不器用な人は居る訳で…
全てとは言いませんがせめてビームキャノンの砲身とライフルのバレルくらいはプラで色分けして欲しかったところ。
それとプラフスキーパワーゲート(劇中の黄色いエフェクト)も分割せずこちらのにキットにも付属させて欲しかったですね。
ユニバースブースター単体だとあまり売れないのかもしれませんがもう少し消費者側にも配慮して貰いたいものです。

主に新規パーツ部分の色分けの甘さが気になりましたがプラフスキーウイングを初め劇中通りの様々なギミックに
広い可動域を併せ持っており劇中のようにガシガシ動かすには文句の無い優秀なキットでした。


  

コメントの投稿

非公開コメント

最近のレビュー
プロフィール

阿東

Author:阿東
■当ブログについて
■レビュー置き場
■管理人のついったー
<応援中>
 ステージなな
 TRUE REMEMBRANCE
 ユーマを抱きしめて

FC2カウンター
カテゴリ
リンク
相互リンクサイト様(敬称略)
購入予定
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。